髪の毛の乾燥が気になる方におすすめの”LiBelle WateryShampoo”|浜松の美容院「al franc」「pecora」

blog

髪の毛の乾燥が気になるという方はめちゃくちゃ多いんですが、乾燥の原因によって対処法が違います。

 

乾燥の原因は大きく分けて

・元々のクセで乾燥しがちな人

・ダメージの積み重ねで毛先が乾燥する人

と2通りに分かれます。

それぞれケアで意識する箇所とその対処法が違うので解説します。

 

クセで乾燥しがちの人

※くせ毛のメカニズム画像

 

クセで乾燥しがちの人は髪の毛全体が膨らみ、シルエットが大きくなってしまうのが特徴です。

シルエットが膨らむのを抑える為に

・縮毛矯正やストレートをする

・カットでシルエット調整をする

などなど基本的にそのクセを抑えていく施術が必要になってきます。

なので、定期的なメンテナンスが必要です。

 

ダメージの積み重ねで毛先が乾燥する人

髪の毛のダメージ原因が何かにはよりますが、基本的にはそのダメージの原因をなくしていかないと改善しません。

髪の毛のダメージ原因は大きく分けて2つあります。

①カラーやパーマ、カットなど、美容室での施術によるモノ

②紫外線、海水、ブラッシング、シャンプーなど生活していく上で負担がかかるモノ

 

①に関しては言える事は一つです。

信頼できる美容師さんを探して下さい。

人と人との関わりなので色々ありますが、しっかりとお客様の事を思って施術してるのはきっと感じれるかなと思います。

 

②は様々な原因があるので一概には言えないですが、僕は生活習慣病と考え方は変わらないと思います。

例えば、食べるのが好きな方が暴飲暴食をしたら次の日は胃を休める為に食事内容に気を使うとか…

きっと海に行って髪の毛がダメージしてしまうっていう情報は聞いたことあると思うんですよ。

そしたら次の日は特別なヘアケアをするといった具合ですね。

 

乾燥が気になる方におすすめのシャンプー

al francが開発した”LiBelle WateryShampoo”はそんな乾燥しがちな髪の毛を潤わせ、なめらかにしていきます。

クセで広がる髪質の方、ダメージで乾燥する方にも両方効果的です。

シャンプーの成分に妥協を許さず髪にいい成分だけを抽出して作りました。

LiBelle WateryShampooの成分解析

↑リベルウォータリーシャンプーの主な成分の解説はこちら

 

希少な成分フルボ酸も高濃度で配合

LiBelle WateryShampooに配合されているフルボ酸(フムスエキス)とは…
利点と配合量

↑リベルウォータリーシャンプーの一番の売りである、希少成分フルボ酸についての詳しい情報はこちら↑


LiBelle WateryShampooの全成分表示

水、ココイル加水分解コラーゲンK、BG、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウロイルシルクアミノ酸Na、コカミドDEA、コカミドプロピルベタイン、フムスエキス、yードコサラクトン、ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解シルク、加水分解ケラチン、加水分解コラーゲン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ポリクオタニウム-61、アルギニン、ハチミツ、ダイズステロール、グリセリン、ポリクオタニウム-10、PEG-40水添ヒマシ油、クエン酸、ラウロアンホ酢酸Na、ベヘントリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-73、クオタニウム-18、EDTA-2Na、プロパンジオール、イソプロパノール、ココイルアルギニンエチルPCA、塩化Na、安息香酸Na、エタノール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料

シャンプーの変え方

シャンプーの種類を変えるタイミングと自分に合った商品の見つけ方

↑シャンプーを変えるタイミングが分からない方はこちら↑

 

LiBelle WateryShampooをネットで買いたい方はこちら

LiBelleのネットショップはこちら

ページトップへ