フルボ酸をシャンプーに配合したLiBelle WateryShampoo|浜松の美容院「al franc」「pecora」

blog

フルボ酸とは…

 

フルボ酸(フムスエキス)は森林の腐食土壌の中にあり、自然界で微量しか造られない貴重な物質です。

フルボ酸の髪に与える効果は次のとおりです。

 

  • 有害物質を掴んで排出する力(キレート効果)でゴワつきをなくす
  • 保湿力・保水力・浸透力に優れているので、乾燥してパサついた毛先の改善、切れ毛・枝毛防止に効果的
  • 消炎効果があるので頭皮のかゆみ、フケにも効果的
  • 活性酸素除去効果により、抗酸化作用による白髪、毛やせ、薄毛にも期待ができる
  • ph調整効果により、カラーやパーマ後の髪の毛のダメージ進行を防ぐ

 

有害物質を掴んで排出する力(キレート効果)

キレート効果というと思いつくのがあの酸っぱさがクセになるキレートレモンですね。

キレートレモンはクエン酸によるキレート効果を促している商品ですが、フルボ酸によるキレート効果の髪に与える影響は「金属イオンの封鎖」です。

金属イオンが髪の毛に吸着するとゴワつきの原因やカラーの染まりムラに繋がってしまいます。

金属イオンが何に入っているかというと、なんと水道水なんですね。

フルボ酸はこの「キレート効果」が非常に高いと言われています。

LiBelle WateryShampooはこのフルボ酸のキレート効果を利用して、髪の毛のゴワつきを防止します。

 

乾燥してパサついた毛先の改善、切れ毛・枝毛防止効果

髪の毛が乾燥すると髪の毛の中身である保湿因子(CMC)が流出し、パサつきがでてしまいます。

そしてその流出が進むと最終的に枝毛、切れ毛に繋がってしまいます。

LiBelle WateryShampooはフルボ酸がもつ保湿力によりCMCの流出を抑え、切れ毛や枝毛を抑えてうるおいのあるツヤ髪へと導きます。

 

消炎効果があるので頭皮のかゆみ、フケにも効果的

フルボ酸が持つ抗ヒスタミン作用により、アレルギーによる頭皮のかゆみや炎症、フケを抑える効果があります。

かゆみやフケなどがあると頭皮が傷つき、髪の毛が細くなったり変形、クセが強くなってしまったりもします。

ひどい場合は頭皮から髪の毛が抜け落ちてしまう場合もございます。

ですので、頭皮環境改善は髪の毛の健康に直結します。

LiBelle WaterysShampooはフルボ酸の消炎効果により頭皮環境を整え、髪の毛を根本から強くします。

 

活性酸素除去効果で白髪予防、毛やせ、薄毛にも◎

頭皮に活性酸素が溜まってしまうと地肌力が低下し、頭皮の黄ぐすみ、パサつきやうるおいの低下に繋がっていきます。

それによって、毛やせ、薄毛、白髪など様々な変化が伴ってきます。

LiBelle WateryShampooはフルボ酸で活性酸素を除去し、白髪、毛やせ、薄毛を予防し健やかな髪の毛が生えてくる土台を作っていきます。

 

カラーやパーマ後の髪の毛のダメージ防止(ph調整効果)

カラーやパーマのダメージの原因の一つとして髪の毛のph変化があげられます。

基本的にカラーやパーマをすると髪の毛がアルカリ性に傾きます。

アルカリ性に傾いた髪の毛は髪の毛の状態が不安定になり、髪の毛内部のタンパク質や油分、水分が流出してしまいます。

それが髪の毛のダメージの原因になり、パサつきや広がり、ひどい時には枝毛や切れ毛の原因になってしまいます。

LiBelle WateryShampooはフルボ酸のph調整効果により髪の毛が一番安定する弱酸性に調整し、毛先まで艷やかな髪の毛にします。

 

フルボ酸配合のシャンプーはヘアケアに最適

このようにフルボ酸には髪の毛に様々ないい効果をもたらしてくれます。

ただシャンプーで配合されている商品はまだあんまり市場にでていないので目にする機会少ないのが現状です。

それは原価が高いから。

LiBelle WateryShampooはこのフルボ酸を多く配合してますので効果をしっかり感じて頂けるかと思います。

LiBelle WateryShampooの成分解説はこちら

ページトップへ