髪質改善のもちはどれぐらい?もちが良くなる方法とは|浜松の美容院「al franc」「pecora」

blog

こんにちは!

浜松の街中隠れ家サロンal francの内山です。

 

最近は髪質改善をやっているサロンが増えましたね!

髪質改善専門のサロンさんもあるみたいで…もうすっかりサロンのメニューとして定着したかんじがしますね。

当店al francも髪質改善をやっておりまして、毎回やる方も増えてますし、初めてやるっていう方もけっこういらっしゃいます。

 

一時期のブームがちょっと落ち着いてきて、これからはきっと本当に価格に見合う価値を提供しているサロンさんがメニューとして残っていくと思います。

うちはその価値を感じて頂く為に色々な事をやっていますが、今回は髪質改善をやった際のもちについて書いていこうと思います。

 

そもそも髪質改善って何!?

髪質改善とはその名の通り髪質を改善する技術です。

どうやって髪質を改善するかというとウチのお店は

・カット

・微還元トリートメント

・通常のトリートメント(オージュアトリートメント)

を駆使して髪質を改善していきます。

 

髪質が気になる方はだいたいトリートメントをやった事あると思いますが、正直あんまり持たないなぁって感じた事がある人はけっこう多いと思います。

なぜもちが悪いかと言うと、髪の毛の乾燥の根本原因を改善しないからなんです。

髪の毛が乾燥する原因は大きく分けて2種類あります。

 

①ヘアダメージの蓄積での乾燥

毎日のブラッシング、紫外線、コテやアイロンなどのダメージや、カラーやパーマのダメージが蓄積し、毛髪内部の水分やキューティクルが乱れている状態

 

②元々乾燥しやすい毛質

元々もっている癖によって乾燥してしまうという方もいらっしゃいます。

20代や30代前半頃は気にならなくても、30中盤から気になり始める方や、髪の毛へのダメージに弱い毛質の方もいらっしゃいます。

 

くせ毛についての記事はこちら↓

雨で髪の毛がまとまらないのはなんで!?

 

日本人は約8割がくせ毛と言われていますし、最近はカラーやパーマをされている方は多いので、ロングの方はだいたいこの2つの乾燥の原因に当てはまる方が多いです。

だから個人差はありますが、2つの要因に対しての対処をしないと割とすぐとれちゃいます。

通常のトリートメントは①に対してはケアできますが、②に対しては効き目が少ないです。

だからトリートメントをしても根本から改善もされにくいですし、持ちも悪くなってしまう。

じゃあ根本原因を解消しよう!!ってなって生まれたのが髪質改善です。

①にも効いて②にも効く。

内からも外からも攻めるみたいな。

微還元トリートメントはプチストレートみたいなやつです。

ストレートと聞くと痛むイメージがありますが、髪の毛の質や薬剤をしっかり見極める事ができれば痛む事はありません。

プチですし、薬剤も基本的にリスクが少ないものを使用します。

 

髪質改善はどのぐらいもつの?

普通のトリートメントは平均1~2週間って言われる事が多いのですが、髪質改善は3~5週間っていう方が多いです。(アルフラン調べ)

もちろん普通のトリートメントでも1ヶ月持つ方もいらっしゃいますし、2~3日でとれたように感じてしまう人もいます。

髪質改善も一緒で2ヶ月もった方も2週間でとれた方もいます。

美容室でトリートメントをした事がある方は、だいたい髪質改善はその時の2~3倍程度もつっていう認識でいいのかなと思います。

結局はヘアケア次第にはなっていくんですが。。。

 

トリートメントや髪質改善のもちを良くする方法

ヘアケアの基本的な事はしっかりする事が大事ですね。

やっぱりそうだよね!

って思う方は多いかと思いますが、

 

・しっかり乾かす

・高温を避ける(温度調節可能なドライヤーやアイロン、お湯の温度等…)

・自分に合ったシャンプー・トリートメントを使う

・自分に合ったヘアサロンに通う

 

っていうのはかなり重要な事なのかなと思います。

 

おすすめシャンプー・トリートメントの記事はこちら↓

髪の毛の乾燥が気になる方におすすめの”LiBelle WateryShampoo”

オージュアソムリエがすすめるばっさり切った後のアウトバストリートメント選び方

 

 

 

 

シャンプーの種類を変えるタイミングと自分に合った商品の見つけ方

ページトップへ