milketea beige*|浜松の美容院「al franc」「pecora」

blog

みなさんこんにちは☆

 

 

今日はトレンドのミルクティーカラーを

解説したいと思います。

 

 

 

まずミルクティーカラーを手に入れる為に必要な事

 

 

  • ブリーチを二回以上施術できる健康な髪

(黒染めや縮毛矯正履歴があると難しいです)

  • 16level〜ペールイエロー(赤味・オレンジ味のない)ベース
  • ハイトーンを維持するホームケアに対する姿勢と美意識

 

以上の3本立てとなっております💁🏼‍♀️

 

 

ミルクティーヘアで想像するもの

濁りのないクリーミーさ

手に取りたくなるまろやかさ

淡さ軽やかさ柔らかさ

 

…こんなのが全て形になったら可愛い以外出てこない

…しゅ、しゅごそう

 

 

言葉では簡単でもこれをまるっと形にするってそう簡単ではないのです…

 

簡単で誰にでもできたら苦労しませんよね。

 

 

まず1つ目。

「ブリーチを二回以上できる健康な髪」

 

ミルクティーベージュのような高明度×高彩度な色はとにかくベースありきになるので

最低でもブリーチ2回〜の赤味やオレンジ味が残ってないイエローベースからのスタートになります。

 

なので健康で状態の良い髪でないと×2ブリーチに耐えることができません。

もちろんやっちゃえ〜ってやる方もいらっしゃいます。

ただ、ベースの髪質が良くないと絶対髪の毛が綺麗に見えません。

どんなに綺麗な色を載せても綺麗に見えないのです。

 

状態のいい髪の毛が修二だとしたらブリーチが彰

修二と彰はいつでも一緒でしたよね?

プロとしてそこは断言させていただきます。

 

なので黒染め履歴があったり縮毛矯正やパーマ履歴がある方は健康な髪の毛作りから共に頑張っていきましょう。

健康な髪の毛になるようにプロデュースさせていただきますっっっっっっっ!!!

#野ブタをプロデュースより

 

「可愛さの鍵は髪の毛の体力次第」

 

2つ目。

「赤味、黄味が残ってない16level〜イエローベースの髪」

 

ブリーチをするかしないか迷われているお客様が1番心配されている事。

「ブリーチって痛いって聞くのと、やっぱりダメージが心配です」

 

どちらも間違いないじゃないです。

何もしない状態にすれば頭皮が染みたり、ダメージはします。

ブリーチにはどうしてもダメージはつきもの…

でもそれを圧倒的に抑えられたら未来は明るいです

 

alfrancのブリーチ後の質感がいいのは、

オリジナルのケアブリーチが最強だからです。

 

う、嘘くさいって?

 

でもこれ当店でブリーチしたお客様から言っていただけるので本当なんです。

「思ったより全然ダメージしなかった。」

「今まで怖くて我慢してた時間がもったなかった。」

「はじめからここでブリーチお願いすればよかった。」

 

うれしい〜😿💕

だから当店のブリーチだったら何度も繰り返せるんです!!

ケアブリーチだから頭皮へのダメージも圧倒的に少なく染みないと言っていただけることが多いです。

それでも心配な方は頭皮のオイルスプレーで頭皮に膜をはったり、保護クリームなども施術前にさせていただいてます☆

 

「ダメージを圧倒的に抑えたオリジナルケアブリーチ」

 

3つ目。

「ホームケアに対する姿勢と美意識」

 

美容院を月一で来ていただいている美意識のとても高いお客様でも年間計算すると1年で12回。

 

毎日シャンプーやスタイリングをするとして自分の髪を労わる回数は年間365回。

 

スペシャルケアは毎月きていただいてら方で12回。

2ヶ月に一回の方だとたった6回しか1年間の間でスペシャルケアができません。

 

正直6回のスペシャルケアで綺麗でうるうるな髪の毛を維持するのはかなり難しいです。

ただ、正しいホームケアで1.2ヶ月後の美容院までなるべく綺麗な状態を維持することはできます。

 

シャンプー前の1分以上の予洗い、38度前後のお湯の温度

自分の髪質に合ったシャンプー・トリートメント

お風呂後のアウトバスからドライヤーまで

 

たったこれだけで2ヶ月後の状態が本当に本当に変わります。

 

生憎にも私たちは毎日お客様の髪の毛を触らせていただいているので、やってるかやってないかわかってしまいます🥺

 

やったとしてもそれが正しくないと結果として結びついてこないです。

 

「ハイトーンはお客様の髪の毛作りから」

 

 

 

 

ありがたい事に今日書いた事のほとんどがお客様に取り組んでいただいてるので、こうして楽しくお客様とハイトーンを作れます^^

 

健康な髪を作るのには時間がかかります。

綺麗な髪は努力の賜物です。

それを活かすか殺すかは美容師次第なので私たちも常に緊張感を持って楽しくお仕事させていただいております。

 

今日もありがとうございました✨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ