ブリーチ回数別☆カラー|浜松の美容院「al franc」「pecora」

blog


今日はブリーチ回数別のカラーの違いについて(^_^)

 

みなさん美容室に行って、見せた画像と全然違う色になった…なんて経験はないですか?

 

もちろん美容師の腕もあります。

説明不足でお客様との仕上がりスタイルの共有不足なんてこともあると思います。

 

ただ1つ言えること、

現状の髪の毛のベースの色味で表現できる色とできない色かございます。

 

 

カラーブームの今、Instagramなどで見る色は高明度・高彩度なカラーが多くワンカラーだけで表現するのが難しいのが現状です。

もちろん、髪質によって明るくなりやすい方や赤味か少ない方はワンカラーのみでも透明感を出しやすい髪質の方はいらっしゃいます。

 

元々日本人の髪の毛は赤味が強く、癖毛の方が多いのでハイ透明感カラー(ミルクティーベージュやグレージュ、ピンクベージュなど)をワンカラーで染めてもブラウンベースの髪色にしかならないのです。

 

【赤味のない柔らかな透明感のある髪色】

誰もが憧れますよね。

これを手に入れるための近道がそう

“ブリーチ”  でございます☆☆☆

 

 

今日は分かりやすく、ブリーチ回数別に分けてスタイルをあげていきます(^O^)

 

 

 

 

1.ミルクティーベージュ


  • ブリーチ回数1回
  • ブリーチ回数2回
  • ブリーチ回数3回

 

ブリーチ回数が多くなるほど、ブラウン味がなくなり透明感が出てやわらかい色味になります🤍

 

 

2.ピンクベージュ


  • ブリーチ回数1回
  • ブリーチ回数2回
  • ブリーチ回数3回

 

 

 

3.グレージュ


  • ブリーチ回数1回
  • ブリーチ回数2回
  • ブリーチ回数3回

 

このように、ブリーチ回数別のベースの違いでカラーの振り幅が大きく変わります☆

 

ページトップへ